学校教育目標

 

 学校教育目標 

 

 平和で民主的な国家・社会の形成者として、次世代の社会の中で、心身ともに健康でたくましく生きることのできる、次のような生徒を育成する。

 

  1. 生命の尊さを知り、健康増進に努める生徒
  2. 学問の大切さを知り、勉学に勤しむ生徒
  3. 自他の立場を考え、思いやりのある生徒
  4. 自主的精神に満ち、実践力のある生徒
  5. 郷土を愛し、中学生としての自覚と責任感のある生徒

 

 

 学校経営方針 

 

 学校教育目標の具現化のために全職員の創意と英知を結集し、地域の特性や生徒の実態を踏まえ、全ての生徒が明るく安心して活動できる学校づくりを次のように推進する。

 

  1. 教職員の和と協力により、生徒が主体的に活動できる、明るく楽しい雰囲気のある学校づくりに努める
  2. 家庭、地域との連携を深め、開かれた学校を目指し、特色ある学校づくりに努める
  3. 自ら学ぶ態度を育て基礎・基本の確実な定着を図り、個に応じた教育活動が展開される学校づくりに努める
  4. 教職員と生徒、生徒相互のふれあいや体験を通して、互いの人権が尊重される学校づくりに努める
  5. 教職員それぞれが学校運営組織(校務分掌)の役割を果たすとともに、連携を強化して効果的に機能する学校づくりに努める
  6. 学習指導要領を踏まえ、「生きる力」の育成を目指した教育課程を編成実施する

 

更新日:2023年09月11日 09:51:28